【台湾旅行の持ち物】便利グッズから持って行けばよかった物まで。チェックリストまとめ

台湾旅行が近づいてきたら、持ち物を整理しておきたいところ。

今回は、チェックリスト形式にして、台湾旅行の持ち物をまとめてみました。

実際に台湾旅行した女性を声も集めてますので、

持って行けばよかった、

事前に準備しておけばよかった、、

なんていう持ち物もありますので、参考にしてみてくださいね。

持ち物チェックリスト 貴重品編

重要度:★★★

□ パスポート
passport
これがないと台湾に行けません!

また、最近パスポートを更新された方は、うっかり更新前のパスポートを持っていかないように注意してください。

□ 航空券
ネットで予約した場合は、eチケットの控えを持っていた方がいいでしょう。
(予約時に届いたメールをスマホで見せても大丈夫です)

パックツアーの場合は旅行会社の案内に従っておきましょう。

□ 海外旅行保険
海外旅行保険に入るか、またはクレジットカード付帯の海外旅行保険でも対応可能です。

クレジットカードを持っていない、または2枚目を検討されている方は、海外旅行保険にも強いクレジットカードも検討してください。参考ページはココから

□ クレジットカード
credit_card
海外では現金での支払いで問題ありませんが、現金が尽きたとき、またトラブル時にクレジットカードで決済が必要な場合があります。(ヨーロッパやアメリカなど、クレジットカード決済が主流の国もあります。

それでも、「海外でクレジットカードを使うのが不安。。」という方は、次の記事がオススメです。

大丈夫?海外旅行でのクレジットカード みんなはココに注意して使っています。

□ 日本円
台湾で現地通貨への両替用に。

また自宅から空港までの交通費としても必要ですよね。

□ 財布
日本でしか使えないポイントカードや診察券は取り除いて、軽くしておきましょう。

または旅行用に財布を用意してもいいかもしれません。(私は使い古しの財布を使っています)

□ 自宅のカギ
あまり持ち歩きたくないですが、これがないと家に入れませんので。。

 

重要度:

□ 台湾のお金

以前、台湾旅行したときに余ったお金があれば。
□ アメリカドル
台湾では日本円で現地の通貨に両替可能ですが、アメリカドルがあった方が便利なときもあります。

旅行用に100ドル程度を準備しておくと安心です。

 

持ち物チェックリスト バッグ・スーツケース編

重要度:★★★

□ 街ブラ用バッグ
使い慣れたバッグが一番ですが、旅行専用にひとつ持っていてもいいかもしれません。

ショルダーバッグやリュックなどでも大丈夫です。

ひったくりやスリ対策のためにも、ショルダーバッグならしっかり肩ひもをかけて(できればタスキ掛け)、キッチリとバッグの口を閉めておきましょう。

 

重要度:★★

□ 旅行用収納ポーチ

荷物の整理が面倒という人、意外と多いです。
今では旅行用の収納グッズも増えてきましたので、好みにあったものを探してみるのはいかがでしょうか。

パッキングがうまくできると気分もいいですしね。

□ バッグとめるベルト
荷物が予想外に多くなったとき、お土産を買いすぎたときって意外とあります。

そんなとき、スーツケースに乗っけて一緒に運べるととても楽。

「バッグとめるベルト」を使うとスーツケースに荷物を一緒にできるので便利なのです。

□ 折りたたみ 追加バッグ
キャリーケースに荷物が入りきらないとき、
お土産をたくさん買うのがわかっているときなど、追加のバッグを用意しておくと役に立ちます。

折りたたみできるので、使わないときはコンパクトになるので荷物になりません。

あと、キャリーケースの上に乗せて、取っ手に固定できる仕組みも便利。

□ ラゲッジベルト
ラゲッジベルト(スーツケースベルト)を利用する目的は大きく2つです。

1.ケースが万一壊れたときのために、勝手に開かないようにするため。
2.スーツケースを受け取るときにターンテーブルで目立ちやすくするため。

気になる人は、用意しておいてもいいでしょう。

 

持ち物チェックリスト 電気製品編

重要度:★★★

□ スマホ
地図アプリや翻訳アプリを事前にインストールしておくと便利。

おすすめのアプリは次の記事を参考にしてみてください。
困ったときに役立つ「10コの便利アプリ」とは?

★特に、海外でスマホの使い方に不安がある人は↓この記事もオススメ
海外旅行に行く前に確認しておくべき「スマホ設定」を簡単解説

□ スマホ用 充電器
案外忘れがち。

このタイプだとUSBポートが2つあるので、ケーブルがあれば2台同時に充電できます。もちろん、ふだん使っている充電器でも大丈夫ですよ。

スマホの充電方法が気になる方は次の記事で確認してみてください。
【スマホの充電】海外旅行で気になる7つの疑問 Q&Aまとめ

□ デジカメ

スマホのカメラでも大丈夫です。でも、海外の風景をより綺麗に撮りたい人はぜひ。

 

重要度:★★

□ デジカメ用 充電器
1週間程度であれば、充電がもつ機種が多いです。

カメラの使用頻度と合わせて持っていくか検討ですね。

□ ポケットWiFi


台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ

 

台湾でのネット利用に。
LINEやInstagramを日本と同じように使いたい人におすすめ。

ポケットWiFiについて、もう少し知りたい人は次の記事を参考にしてださい。
海外旅行でスマホを快適に使いたい!ポケットWiFiでネット利用を簡単に安くする方法

□ ACアダプタ 拡張タップ
友人と同室になったら、コンセントの取り合いになることも。

アダプタを増やして、一緒に使いましょう。

 

重要度:

□ ドライヤー
ホテルに備え付けられていることが多いです。★持っていく場合は必ず海外対応のドライヤーを!
□ デジカメ用 メモリーカード予備

写真をたくさん撮りたい人は用意しておきましょう。(写真はSDカードです。カメラに適合したメモリを確認して購入してください)
□ スマホ用 予備バッテリー
□ 変圧器
最近は、海外の電圧に対応した家電製品が多いので、あまり必要ないでしょう。

ちなみに台湾の電圧は110Vなので、日本の100Vとあまり変わりません。

気になる方は電化製品の表記を探してみましょう。

「AC100-240V」等の記載があれば(100Vから240Vまで対応しているということですね)たいていの国で変圧器なしで使えます。★ドライヤーを利用する場合は、ワット数が変圧器に対応しているか確認してくださいね。

 

持ち物チェックリスト 日用品編

重要度:★★★

su_box title=”□ 着替え” box_color=”#ffc0cb” title_color=”#000000″]下着や服の着替えはもちろん必要です。

暑い時期だと汗をかくので多めにあるといいですね。[/su_box]

□ コンタクト
1dayの方は旅行日数分+予備を。

保存液が必要な方は少量のもの用意しておきましょう。

□ ハンカチ

エチケットです。
□ ポケットティッシュ

トイレにトイレットペーパーがないことも多いので、多めに持っていきましょう。

おなかの弱い人はトイレットペーパーごと持っていくと便利です。

□ メガネ
コンタクトの人はメガネを忘れずに。
□ ウェットティッシュ

台湾で有名な夜市では活躍します。テーブルが汚れていたときや、食べ歩きで手が汚れたときに役立ちますよ。
□ 常備薬
持病がある方はもちろんですが、脂っこい食べ物でお腹をこわすことも多いです。
□ 生理用品
台湾でも買えますが、いつも使っているものを。
□ シャンプー・リンス・ボディーソープ・洗顔フォーム
ホテルに備え付けられていますが、日本製の方がしっくりきます。

少量タイプの物を用意しておきましょう。

□ クシ/ブラシ
ホテルにも小さなクシは用意されていますが、自分にあったものを準備しておくといいでしょう。
□ 化粧水・乳液・メイクアップ用品・メイク落とし・ボディクリーム
使い慣れたものを持っていきましょう。
□ 日焼け止め

台湾の紫外線や予想以上です。ビーチはもちろん、街ブラでも必ず日焼け止めを。

海外旅行での日焼け対策については、次の記事が参考になると思います。
海外旅行の日焼け止め選び SPFは何がいい?選び方のポイントと注意点とは

□ タオル
ホテルにタオルは完備されていますが、1枚程度はあると安心。

それに暑い時期の台湾なら汗拭き用にも必要です。

□ ビニール袋
汚れものや小物をまとめたりするのに便利です。

小さくたたんで、何枚か準備しておきましょう。

□ 歯磨きセット

ホテルに準備されていますが、使い勝手はイマイチ。日本製がしっくりきます。

 

重要度:★★

□ 絆創膏(ばんそうこう)

もしものケガや、靴ずれのときに使えます。
□ ムダ毛処理のグッズ
薄着になる暑い国や、ビーチに行く機会がある人は必須。

薄着になる機会が多い海外旅行では、特にムダ毛処理に注意が必要です。

気になる方はつぎの記事も確認してみてください。
【海外旅行のムダ毛処理】失敗談を参考にして、自分に合った『対策』で出発しませんか?

 

□ 虫よけ グッズ

旅行用に少量のものを準備しましょう。日本製でも海外の蚊に対する効果はありますので、普段使っている製品でもいいでしょう。

もちろん、肌を露出しない服装を心掛けるのも大事です。

□ ヘアゴム

いつも使っている人は忘れずに。

 

重要度:

□ 折り畳み傘

急に雨が降りだして、困ったという声が多数ありました。持って行っておくと安心ですね。
□ ヘアバンド

ふだん、洗顔時に使っている人は持っていきましょう。

 

持ち物チェックリスト 衣類編

重要度:★★★

□ パジャマ
Tシャツやスウェットでも可
□ サンダル
とくに雨が多い季節は重宝します。
□ 帽子
台湾の日差しは予想以上です。
□ 下着・靴下
旅行期間にあわせて準備しましょう。

使い古しを台湾で捨てるとちょっぴり帰りの荷物が減りますよ。

 

重要度:★★

□ サングラス
ビーチはもちろん、街歩きでもあると活躍します。

 

持ち物チェックリスト 機内持ち込み編

重要度:★★★

□ 機内液体持ち込み用 透明な袋

液体を機内に持ち込む際には、100ml以下の容器に詰めて、20cm×20cm以下のジッパー付きの透明な袋に詰める必要があります。

100均でも手に入るものでも可能ですので、必ず準備しておきましょう。

成田空港のサイトに詳細が記載されているので、確認してみて下さい。「成田空港 セキュリティガイド

□ ボールペン
入国カードの記入やメモ用に。

台湾では筆談にも使えます。

□ 羽織るもの
機内の冷房は効きすぎています。

 

重要度:★★

□ 腕時計
ふだんスマホで時間を確認する人も、機内や海外では腕時計があった方が便利です。

時差による時計の調整も機内でしてしまいましょう。

□ 文庫本
直行便でも台湾までは、2時間程度。
ちょっと時間をもてあまします。

文庫本だと、かさばらずに軽くて便利。

ふだん時間がなくて、読めていない本があれば機内でゆっくり読んでしまいましょう。

 

重要度:

□ 耳せん
気になる騒音防止だけでなく、気圧の関係で耳が痛くなる人も使ってみては?
□ お菓子
小腹がすいた時や、機内食が口に合わないときにも。アメ、チョコレートなど
□ 屋内用 スリッパ

機内では靴を脱ぐとリラックスできますよね。

スリッパがないホテルもあるので、準備してると便利。

□ リップクリーム

機内は乾燥していますので、唇の乾燥防止に。

 

持ち物チェックリスト 便利グッズ編

重要度:★★

□ 小分け用 トラベルボトル
台湾でも、日本で使っているシャンプーを使いたい、でも小さい容器がないというときに便利。

小分けにして持っていくために旅行用の容器に移し替えておくと荷物が減ります。

100ml 以下なら、ジップロックに詰めると機内にも持ち込み可能ですよ。

□ 足すっきりシート

街歩きを楽しんだら、足には相当疲れがたまっています。

足すっきりシートを貼って、足を休ませてあげましょう。

□ フェイスマスク
日差しの強い台湾では肌のダメージも大きいです。

フェイスマスクでリラックスして翌日の観光に備えましょう。

□ 旅行用 目覚まし時計
団体ツアーだったりすると、朝が早いことも。

スマホのアラームでも代用できますが、コンセントがベッドから遠くて、夜に充電してるとアラームに気づきにくかったりします。

旅行用だと小型ですので、邪魔にはなりません。

 

重要度:

□ 携帯ウォシュレット
台湾のトイレには、ウォシュレットはほとんど設置されていません。気になる方は持ち歩きましょう。

 

持ち物チェックリスト そのほか

重要度:★★★

□ クレジットカードの緊急連絡先
紛失した時にクレジットカード会社に利用停止の連絡を入れることができます。
□ ホテルの予約控え
ネットで予約していても、いざホテルのフロントで、「予約がありません(見つからない)」と言われることが、まれにあります。

そんなときのために、ホテルの予約控えを持っておくことは重要です。

□ 予定表
ツアーの場合、行程表を持参しておきましょう。

また、フリーの時間に行きたいスポットや店などの情報も準備しておくと旅行がスムーズです。

□ 証明写真
パスポート再発行時に証明写真が必要になります。

縦4.5センチ、横3.5センチです。

 

重要度:★★

□ インスタント食品(日本食)
日本食レストランも多くなりましたが、たまにはインスタント食品の味が恋しくなってきます。
□ メモ帳

台湾だと、漢字でなんとなくの筆談が可能。コミュニケーションに困ったときに役立ちます。

また、旅の記録や、出会った人との連絡先交換にも

 

重要度:

□ 衣類圧縮袋
帰りの荷物って、どうしても多くなるんですよね。

スーツケースへの収納が心配な方は、衣類圧縮袋もおすすめ。

 

台湾旅行でいらないもの

□ ビザ
査証(さしょう)ともいいます。台湾旅行が90日以内だと必要ありません。
□ 電源プラグ変換

台湾のコンセントは、日本と同じなので、変換は必要ありません。

 

 

気をつけたいポイント

①友人たちと一緒なら、持ち物担当を決めて、できるだけ荷物を減らしましょう。
(ドライヤー、自撮棒、ポケットWiFiなど)

②帰りは必ず、荷物が増えます。
 出発時のスーツケースは余裕を持たしておきましょう。

③パスポートだけは、忘れていないか、何度も確認しましょう。

パスポートの取り扱いについては、次の記事も確認しておきましょう。
みんなどうしてる?パスポートは持ち歩くか、ホテルに預けるか問題。どっちが正解?

 

まとめ

台湾旅行の持ち物、しっかり準備できそうでしょうか?

海外旅行はいつも緊張するもの。

落ち着いて、整理してみてくださいね。
(パスポートだけは忘れずに!)

また、台湾旅行の服装については、次の記事で。
台湾旅行の服装はコレ!女性旅行者に聞いた旅行時期別のおすすめとは??

出発前には台湾の注意点を確認しておきましょう。
【注意!】台湾旅行で気を付けたい6つのポイントとは?口コミを見てから出発しましょう!

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. 太田博子

    3月13日から3泊4日で台湾の西側を旅行しました

    天候は良く雨にも当たらず過ごしやすい気候でした

    ただ欲張り過ぎの日程で疲れはしましたが、美味しい
    料理で満足しました、次は台北の九份、十份をゆっくりと
    観光したいです