スリランカ旅行記 初日 コロンボ到着で旅の始まり

いよいよスリランカへ出発です。

まずは、スリランカの玄関口であるコロンボへ。

旅の流れに沿って、お伝えしていきますね。

 

コロンボに向けて出発

今回は、関空から中国(成都)経由のコロンボ行き。

成都で一泊しましたが、その経緯は省略しますね。
(また、機会があれば記事アップします)

 

さて、中国国際航空で出発です。

 

コロンボ到着!

空港には夜10時ころに到着。

まずは空港でできることをやっておきます。

 

まずは空港で行ったこと

 

ビザの取得

スリランカに入国するためにはビザが必要です。

事前にガイドブックで下調べしたときは、ビザ取得費用が必要とのことでした。

が、

なぜか不要でした。

どうやら今は無料期間なのですね。

スリランカ大使館によると、、

スリランカ出入国管理局より観光ビザ無料化制度の実施が発表されました。
対象国からの旅行者促進を目的として、日本を含む以下対象国のパスポートを所持し、スリランカへ旅行目的で2019年8月1日から2020年1月31日までの期間中に渡航される方は、ETAビザの料金が免除されます。

ただし、短期間の滞在をされる外国人旅行者は、入国審査時に生じる不必要な手続きによる遅れを避けるため、ご出発前に以下公式ウェブサイトよりETAの申請し、事前承認を得ることが必要です。
www.eta.gov.lk/slvisa/

なので、

2020年1月31日までビザ料金が免除されていたようでした。

今後の状況については、スリランカ大使館のHPにて出発前に確認しておいてください。

 

スリランカ通貨への両替

スリランカ入国すると、両替ができる場所が見つかります。

旅行のスタイルに合わせて、両替額を検討ですね。

私は、空港で3万円ほど両替しました。

スリランカに8日滞在なので、これくらいかなと。

ただ、

数日後に追加で2万円両替したので、

合計5万円をスリランカ・ルピーに替えることになりました。

 

SIMの購入

やっぱりスマホが使えないと不安。

空港では、SIM購入のカウンターがありますので、

プリペイドSIMを購入しました。

いろんなプランがありますので、自分にあったSIMを買いましょう。

たしか、〇〇日間で〇ギガみたいなプランを提示されます。

設定は、お店の人がやってくれるので安心です。

 

タクシーでホテルまで

初日の空港からの移動って、ちょっと不安ですよね。

ぼったくり率高いので。。

今回は、

空港から離れたコロンボ中心部のホテルを予約してました。

ちょっと離れてるので、

タクシーなら3000ルピー(2000円くらい)かなと思ってましたが。。

結果、

4000ルピーでした。。

 

深夜でバスもないので仕方ないですね。

タクシーならホテルまで連れて行ってくれるので。。

 

コロンボで泊まったホテルは、、

55 フォート トレイン ホステル(55 Fort Train Hostel)

Booking.com で予約しました。

このホテルのいいのは、コロンボの鉄道駅に近いこと。

翌日、鉄道移動を考えてる人にはありがたいです。

 

ただ、このホテルの弱点は、、

・ちょっと清潔さに欠ける。

・シャワールームが共有でいまひとつ。

・料金もそんなに安くない。

 

利点は、

・立地が最高という点のみ。

 

あと、ホテルのオーナーのおじさんが、親切というか、

世話焼きです。

ちょっとウザいくらいですが、

ま、スリランカ初日に情報収集したい人はありですね。

 

あと、

ホテル予約サイトに登録されているマップが間違っています。

住所をタクシーの運転手に伝えた方がいいですね。

 

通りを歩くと、黄色い壁に「55 FORT TRAIN HOSTEL」の文字。

ここから路地に入ります。

 

入口はこんな感じです。

他の口コミはBooking.com にあるので、参考にどうぞ。

 

ちなみに朝食出ました。

こんなのです。

素朴な味です。。

 

Colombo Fort 駅周辺で

コロンボにある鉄道のターミナル駅はColombo Fort駅。

ちょっと周辺を散策してみました。

 

気になったのはローカルの市場。

マニング・マーケットっていうんですね。

駅に近いので、興味のある方はどうぞ。

 

ここではいろんな野菜が扱われていて、

見てるだけでも楽しくなりますよ。

 

次はアヌラーダプラへ

コロンボ到着して、すぐ出発。

次はアヌラーダプラという街まで。

列車での移動なので、車窓を楽しみます。

最初のコメントをしよう

必須