中国専用のポケットWiFi はどれくらい使えた? ネット規制回避も検証!

2018年12月に上海に行くことになりました。

準備を進めていく中で、

気を付けたいのがインターネットですよね。

特に中国では規制されていて自由に使えないというのが大変。

 

私もいろいろな方法を試してきましたが、

今回はチャイナDATAのポケットWiFiを使ってみることにしました。

実際に使ってみた感想をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

チャイナDATAの申し込み

早速、申し込みしてみます。

↓ココです。

中国WiFi「チャイナデータ」

 

直前でも申し込み可能ですが、
余裕を持って、2週間前に申し込みました。

(GWや年末年始など混雑時期は早めに申し込んだ方がいいでしょう。)

 

中国訪問期間や受け取り方法を選んで申し込み。
そんなに難しくありませんでした。

ちなみに、

私は関空から出発なので、

受け取り場所を関空にしました。

 

簡単なポケットWiFiの受け取り

ポケットWiFiの受け取り場所に私が指定したのは関空。

そして、

ちょっと迷いましたが関空の郵便局で受け取れます。

 

ポケットWiFiの受け取りであることを職員さんに伝えると、簡単に受け取れます。

こんなのでした。

 

いよいよ中国で実際に利用

無事、上海到着。

ホテルで動作確認です。

 

まず、受け取ったセットはこんな感じです。

右下がポケットWiFiの本体です。

それ以外は収納ケースや充電ケーブルなどです。

 

では、電源を入れてみましょう。

本体横の電源ボタンを長押しです。

 

ちょっと待つと、次のようなランプがつきます。

これで、ポケットWiFiが使える状態になりました。

 

次はスマホ側の操作です。

ふつうにWiFiにつなぐ手順を行うと、

次のようなWiFiが出てきます。

ただ、本体によって、表示は違います。

詳しくは一緒に入ってるマニュアルに載っています。

 

パスワードも、一緒に入っていたマニュアルに書いてあるので、

確認して入力します。

接続は以上です。

簡単ですよね?

 

実際使ってみた感想は??

 

通信速度を計測

まず、気になるのが通信速度。

ちょっと計測してみました。

こんな感じでした。

時間帯などの条件にもよると思いますが、6.6Mbps はストレスなく使える速度ですね。

 

LINEなどは使える??

中国で気になるのがネット規制。

 

ふつう中国では使えないサービスへの接続を試してみました。

日本人がよく使う次のサービスは使えました!

・LINE

・Google関連サービス(Gmail やグーグルマップなど)

・youtube

・Twitter

・Facebook

・Instagram

 

VPN接続の手間がなく、ストレスなく使えるのは嬉しいですね。

 

バッテリーの持ちは?

一日、電源入れて外出していると、途中でバッテリーが足りなくなりました。

なので、

予備バッテリーがあるといいでしょう。

 

もちろん、チャイナDATAの申し込み時に、

予備バッテリーもオプションで申し込みできます。

 

ただ、i-Phoneではなく、アンドロイドのスマホを使っている人なら、

スマホ用にバッテリーがあれば、一緒につかえます。

わたしは、今回の中国行きで、

スマホ用のバッテリーを購入しましたが、

ポケットWiFiの充電にも使えて便利でした。

 

返却は簡単でした。

帰国後、返却をちょっと忘れそうになっていました。

でも、

手順は簡単です。

 

ポケットWiFiのセットを返信用の封筒に詰めて、

郵便ポストに入れるだけ。

※帰国後、忘れずに。

 

まとめ

過去に何回も中国に行きましたが、

いつも、ポケットWiFi + VPNでした。

でも、

今回のチャイナDATAはVPN不要というのが、すごく楽。

もし、短期の中国旅行なら、使ってみるといいと思います。

中国WiFi「チャイナデータ」

最初のコメントをしよう

必須