【SCOOT】LCCのスクートでタイに行った搭乗体験記 注意点もあります。

2019年3月に、SCOOT(スクート)というLCCでバンコクに行ってきました。

僕自身、SCOOTは初体験でちょっと不安でしたが、

結果的には快適な旅ができました。

そこで、

せっかくなので体験記事を書いてみました。

これからSCOOTに乗る人も、

SCOOTを予約するか検討している人も、

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

SCOOTの搭乗への流れ

僕は関空からバンコクまで向かいました。

まず関空に到着すると、予約したSCOOTが何番カウンターかを確認します。

SINGAPORE VIA BANKOK(DMK)と表示されているのがSCOOT。

どうやら、今回のバンコク行きの飛行機は、バンコクを経由してシンガポールまで行くんですね。

SCOOTはシンガポール系の航空会社。

シンガポール⇔バンコク⇔大阪 という航路を運航しているのでしょう。

 

次はチェックイン。

SCOOTがある番号のチェックインカウンターで、チェックインを行います。

 

僕は、預け入れ荷物はなく、手荷物のみ。

これなら追加料金は必要ありません。

手荷物は2個まで。合計10キロ以内にしないといけません。)

また、手荷物のサイズも以下の範囲内におさめる必要があります。

54cm ✖ 38cm ✖ 23cm 

 

関空では、とくに重さ検査はありませんでした。

もちろん、空港によってチェックがありますので、重さオーバーしないように注意です。

(当日、重さがオーバーしていると高い追加料金を取られますので注意してください)

 

チェックインに並んでいるときに、こんなタグが貼られます。

「これは機内持ち込みする手荷物です」という印だと思います。

 

飛行機に乗ってみると、、

搭乗時間になり、やっと機内へ。

心配していた座席の広さですが、こんな感じです。

僕は身長175センチ前後なのですが、ヒザは前の座席につかない程度。

女性なら十分余裕があるんじゃないでしょうか。

ただ、横幅はほんの少し狭いような気がしました。

大きい人だと、はみ出てしまうと思います。

 

機内の様子はこんなです。

機体によって違うと思いますが、僕が乗ったのは3列+3列+3列でした。

 

通路はほんの少し、狭いような気がしましたが不便はありません。

 

機内食はどうだった??

機内食は有料です。。

お腹が空いた場合は、座席のポケットにあるメニューを見てみましょう。

 

機内食のメニュー公開!

実際のメニューの一部を写真に撮ってきました。

表紙はこんなんです。

 

しっかり食べるならこれですね。

もちろん、値段は高め。

S$とは、シンガポールドルですね。

3月4日現在で、1シンガポールドルが82円。

これらの料理が1000円くらいって感じです。

高いですね。

 

インスタントラーメンが5シンガポールドル。

400円以上です。

 

飲み物も4シンガポールドル(300円以上)です。

 

飲み物とセットなら、15シンガポールドル(1200円以上)でした。

 

機内食の提供時間

機内食のサービスは提供される時間が決まっているので、

そのタイミングでの提供になります。

周囲を見渡したところ、そんなに注文されている様子ではなかったです。

 

食事の持ち込みは不可

注意しないといけないのは、機内に持ち込んで食事ができないことです。

実際に、近くに座っていた女性が巻きずしを食べようとして、CAさんに注意されていました。

飲み物は持ち込んで大丈夫です)

 

機内食の支払いは?

現金かクレジットカードに対応しています。

日本発の便だと日本円が使えると思いますが、未確認です。

ただし、お釣りはシンガポールドルになってしまいます。

 

SCOOTを利用する注意点まとめ

荷物は少なめに

もう一度、確認しておきましょう。

手荷物は2個まで。合計10キロ以内。

サイズはこの範囲内です。

54cm ✖38cm ✖23cm 

 

これ以上の荷物がある場合は、予約時などに追加オプションを申し込んでおきましょう。

(もちろん、有料です。。)

 

座席指定した方が安心。

僕は、トイレが近いので通路側の座席を指定しました。

航空券を予約するタイミングで、オプションで選ぶことができます。

オプション料金は700円。

往復なので1400円ですね。

 

寒くない服装で

スクートでは無料の毛布貸し出しはありません。

(有料ならあるようです。)

寒さに弱い方は、念のため羽織りものを用意しておいた方がいいでしょう。

 

時間つぶしの工夫を

僕が乗ったスクートの機体では、座席のディスプレイはありませんでした。

ディスプレイで映画などを見ることが多いという方は、時間つぶしに何か準備しておいた方がいいいですね。

 

まとめ

SCOOTに乗る前は少し不安でしたが、実際に乗ってみると快適でした。

ちょっとした注意点に気を付けて、

どんどん利用してみるものいいんじゃないでしょうか?

最初のコメントをしよう

必須